BLOGスタッフブログ

21.08.20ブログ

小屋裏の通気と雨仕舞

こんにちは!奈良県五條市、和歌山県橋本市で 楽しいお家づくりのお手伝いをさせていただく工務店、平和技建の岩間です。

設計アシスタントとして、良い家を作る力になれるよう日々勉強中です。

 

棟上げを経験し、屋根の骨組みのイメージが固まったところで気になったことが1つあります。

小屋裏(屋根と二階の天井の間の空間)はどうやって空気を通しているのでしょう?

自作の説明図

標準仕様は天井断熱ですので、小屋裏は外と内の狭間に位置します。

一種換気の範囲外なので、室内と同様の管理された綺麗な空気にはなりません。

通気をする必要があるように感じますが、空気が通る穴を大きく作ると、外壁にあたった雨の跳ね返りが入ってしまいそうです。

通気(空気を通す)と雨仕舞(雨が入り込むのを防ぐ)のバランスが難しそうだなぁ…

 

と思っていたところ、秘密道具がありました。

秘密道具 その名もイーヴスベンツ!

水の性質の一つである表面張力を利用して、穴の中に雨が入っていかないようにしつつ、空気はしっかり通すという夢のようなアイテムです。

こちらを屋根と外壁の間に取り付けることで、通気と雨仕舞を両立することができます!

 

これがあるおかげで、軒ゼロのスタイリッシュな家を、安心の性能で作ることができます。

軒ゼロのスタイリッシュな家

写真は規格住宅TRETTIOのうちの一つです。綺麗な四角形の外観をしています。

 

良いものを作り、長く使っていただけるよう、これからも勉強していきます。読みたい


無料相談予約
デザイン、間取り、土地探しから住宅ローンのことまでお気軽にご相談頂けます。
平日のお昼間にゆっくり、お仕事帰りに18時以降でも、土日祝の休日でもお気軽にお越し下さい。

駐車場完備来店予約

お問い合わせ・資料請求
お問い合わせ・資料請求など
お気軽にご相談ください。

資料請求お問い合わせ